看護師に当たる患者さん・・・。主治医には当たれず看護師に当たる人が多いな~(;一_一)トホホ

看護師に当たる患者さん・・・。主治医には当たれず看護師に当たる人が多いな~(;一_一)トホホ

患者さんとのやり取りって楽しいですよね(^-^)

循環器みたいに、急性期病棟でも、いやそんな急性期病棟だからこそ...患者さんとのコミュニケーションの大切さを感じます。


しかし、たまに

あ~、この人ほんと苦手(/ _ ; )

って思っちゃう患者さんっていますよね。

ドクターには強く言えない分、ナースに当たる患者さん。

とばっちりだなぁ...て思います。

この間も、水分制限だの塩分制限だのが嫌で、病院食もマズイからなんとかしてくれって、ドクターに訴えた患者さんがいたんですが。

もちろんドクターに説教されまして...。

そりゃそうですよ。

ドクターは、病気を治すためせっせと働いているんです。

なのに、当の本人が治療に積極的じゃないなんて、怒られて当然です。

けど、自分の思いが通らなかった患者さんは、機嫌が悪くなっちゃって、ナースに当たる当たる!(ーー;)

今日なんて、洗面のタオルが冷たいだの、ここのナースはおたんこナースだの...散々言われましたよ(ーー;)

あ=Aとんだとばっちりです...トホホ(/ _ ; )・


けど、患者さんにしてみたら辛いことだらけで、なんで自分がこんな不幸な目に...って思うんですよね。

つらい食事制限に、空腹も我慢して、つらい検査の痛みや不安にも耐えて。
中には、自分の予後に大きな不安を感じている人も沢山います。


やりきれない思いをナースにぶつけているんでしょうね。

そんな辛さを一緒に分かり合えるナースにならなきゃなぁ。

いちいち腹を立てる私もまだまだ未熟だなぁ...なんて反省の日々ですよ。

腹を立てて、冷たい声かけをしてしまったら、急変でもしてしまったら自分に後悔が残るしね。

病気はドクターしか治せないけど、ナースは心を癒す事は出来るはず。

めげないで頑張ろう(^-^)

2015年9月18日|